調剤薬局監修の感染症について解説するサイト

治療法

感染症の治療法は、大きく「薬剤の投与する」「抗体を投与する」「サイトカインを投与する」「対症療法」分ける事ができます。
「薬剤の投与」原因が判明しない場合でも可能で、微生物の種類によって用いる薬剤が異なります。大きく分けると、抗ウイルス剤、抗細菌剤、抗真菌剤となります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

「抗体を投与する」原因が判明していて、潜伏期間のうちに投与することによって発症を予防します。特定の疾患を対象とした製剤としてはB型肝炎の発症予防用の製剤、破傷風の発症予防の製剤があります。 「サイトカインを投与する」サイトカインの投与に関して一般に知られているのはC型肝炎ウイルスとB型肝炎に対するインターフェロン療法です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

治療費に関して公的な助成制度が現在運用されています。あまり一般的でないのは好中球を増やす顆粒球コロニー刺激因子による治療です。治療中に好中球が減少した状態でG-CSFの投与は白血球を増やす有効な手段です。
「対症療法」感染症による炎症を抑える事が感染症の治癒につながるという観点から、解熱、下痢止め、咳止めなどの様々な対症療法が行われて来ました。症状を軽くする対症療法はかえって、病期を長くしたり、薬剤による重篤な疾患を起こしたりすることが判明しています。特にウイルス性疾患の時の解熱剤投与は、重篤な合併症を引き起こすので注意が必要です。

 

薬局