調剤薬局監修の感染症について解説するサイト

ハンセン病

ハンセン病は「らい菌」によって起こるもので、症状は軽いのですが、長く続く慢性的な細菌感染症です。 ハンセン病では、主に末梢神経と皮膚が侵されて、一見して外見に、結節などの明らかな変化を来たす皮膚病の特徴と、身体障害である知覚マヒや視覚障害などを引き起こす、神経病の特徴などに加えて、負傷などによる2次的な障害が加わります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

こうした2次的な障害が起こるのは、知覚が鈍くなっているために、手や足に傷を負ったり、火傷をした時に、気づくのが遅れ、怪我の状態が酷くなるまで治療せずに放置されたりすることがあったためです。ハンセン病は、主として、こうした2次的な障害による外見上の醜さから、古くから特殊な病気として取り扱われ、患者とその家族は多くの偏見と差別を受けてきました。
らい菌は感染しにくい菌の一つですが、感染の成立には、特に未治療の多菌型患者(感染源)との接触期間、体内に侵入した「らい菌」の量などが深く関係していると考えられています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

「らい菌が」人から人へ感染することは事実と考えられていますが、人以外の感染源については、そもそも存在するのか否かということも含めて、まだ明らかにされていません。らい菌については、不明の点も多々ありますが、現在では特効薬も発見され、今日では治療法が確立し、早期発見と早期治療により、比較的容易に完治することができる病気となっています。

 

薬局